動画配信サイトの正式登録を済ませたけれど取り消したくなった! そんな時はどうする?

dTVとはドコモから配信されている、誰でも手軽に動画を視聴するためのサービスのことを指していますが、登録から1ヶ月はお試し期間となっているので、料金が掛かりません。逆に言うと1ヶ月を過ぎてしまえば、その時点で手数料を支払わなければならないというわけです。

 

ひとまずはお試しだけでいい場合や、会員になっているけれど使用頻度が減ってきたり、使えないことが増えている時は解約した方が出費を抑えられます。解約するには単純にアプリを消すのではなく、決められた手順をきちんと踏んで下さい。解約に使う端末に関してはネット回線があれば、パソコンでもスマートフォンでも構いません。今回は具体的にどうすればいいのかをお教えしたいと思います。

 

dTVの配信作品一覧はこちら

 

解約手続きはどのように行う?

 

最初に公式サイトを開き、専用アカウントを使ってログインして下さい。そうしたら右上にある「メニュー」をクリック、そのまま「退会」を選びます。すると詳しい内容と共に、メールを送るか否かを決める項目が並んでいるので、いらないと思っているものはチェックマークを外してしまいましょう。後は退会に関してのルールに一通り目を通し、「解約」を押せば次に進みます。

 

この先は特に難しくありません。「解約する」というチェックボックスのマークの有無を確かめたら、先程と同じく注意書きを読み、同意していくだけなので、画面の指示に従っていれば良いでしょう。

 

ひたすらボタンを押していく作業が続きますが、重要なことが書かれているので読み飛ばさないようにして下さい。最後に手続きが受理される日付と番号が表示されるので、忘れないようにメモしておくことをおすすめします。もしもメールが届く状態なら、ドコモから確認のメールが送られてきます。

 

気を付けなければならないことは?

 

会員をやめる際は、3つのことに注意する必要があります。

 

まずは「料金の請求は毎月1日」という点です。つまり解約するタイミングが月初めでも、月末でも、その月の料金はきっちり引き落とされます。

 

次に今まで溜め込まれていた履歴やランク、割引などのクーポンといったサービス全般は失われます。再び会員となっても、戻ってくることはありません。

 

最後は「時間帯」です。火曜日はメンテナンスが行われる日でもあるので、午後10時から翌日の午前7時まではアクセスしても繋がりません。

 

お試しから有料には任意で変えられないため、時間を見誤るとメンテナンスと重なってしまい、解約出来なくなるというハプニングが発生します。

 

解約日は月末にしよう!

 

基本的にdTVの解約を運営側が了承した瞬間からもうdTVを利用することは認められなくなります。日割りも適用されていないので、ぎりぎりまでいろんな番組を観てからやめるのがベストと言えるでしょう。だからといってうっかりしていると翌月になってしまうので、月末が近付いてきたらこまめにカレンダーを見て下さい。そして予定している日が火曜日ではないことも忘れずに調べましょう。

dTVは月額500円で作品数が多いのが最大の魅了です!無料期間中でも無制限に視聴が可能なので、どんな動画が揃っているのかまずは確認してみてください!
dTVの31日間無料トライアル申し込みはこちら


dTV完全ガイド

dTVとはドコモから配信されている、誰で...
docomoが提供する動画配信サービスd...
たくさんの動画配信サービスが人気になって...
ほとんどの動画配信サイトは最初に無料期間...
一定の金額を支払えばありとあらゆる動画や...